みんな大好きドラえもん! 手作り衣装に挑戦!

仮装盆踊りに参加‼︎

今年の夏は暑かったですね‼︎  

わたしの地域では夏休みの仮装盆踊りがあるのですが、毎年エントリーして賞金を荒稼ぎ?しています(笑)

今年はどんな仮装で出場しようか悩んだ結果、二男の大好きなドラえもんで参加してきました。

泣いて嫌がり、踊りの輪の中に入らなかったらどうしよう…という母の心配をよそに、

3歳になった二男もお兄ちゃんと一緒に手を叩きながら1時間弱踊りきりました!お疲れさま‼️

お兄ちゃんも、弟が列から脱線していたり、離れてしまいそうになったら、自分のそばに連れ戻してあげたり面倒を見ていました(涙)

そんな兄弟の姿に感動し、うるっとした夏の日でした!

さて、

ではドラえもんの仮装衣装の作り方をここにご紹介します。

新聞紙ヘルメットでドラえもんの頭を作ります。

〜準備するもの〜

・ふうせん

・新聞紙1朝刊分程度

・木工用ボンド

・ハケ (水に溶かしたボンドを塗りながら作業します。私は30mm の物を使用しました。使いやすかったです)

・水 (ボンドを溶かす分と、土台の新聞紙を濡らす分)

〜新聞紙ヘルメットの作り方〜

1. ふうせんを子どもの頭がすっぽり隠れるくらいの大きさに膨らませます。

2. 新聞紙を手のひらほどの大きさにビリビリちぎっていきます。

3. ボウルの水で新聞紙を濡らし、ふうせんに貼り付けていきます。

写真のように、小さめのゴミ箱にふうせんを置くと作業しやすいです。

4. ふうせん全体に一層目を貼り付けたら、第二層目からは乾いた新聞紙を貼り、その上から水溶きボンドをハケで塗ります。

この作業をひたすら繰り返して、新聞紙は最低でも半分くらいは貼り付けるようにしましょう。ふうせんの周りに厚みが出てきて、ぶよぶよした感触になってきます。

5. 貼り付け終わったら、写真のようにハンガーなどに掛けて3日間くらい乾燥させます。

6. カチカチに乾燥したら、ふうせんを破って取り出します。

7. マジックである程度のキャラクターの顔を書きます。

8. 何度か子どもに被ってもらいながら目の部分を確認し、視界窓となる口の部分を大きく切り抜きます。

9.10cm大の新聞紙を小さく丸め、両方の口角上付近にボンドで貼り付け頬をプックリさせます。

このままでは頬の形が崩れてしまうので、8cm大の新聞紙にボンドを塗り、貼り付けた頬を上から覆うように貼り付けます。

左右同じ大きさになるように調整しながら貼り付けましょう。

ひげ・鼻つけと色塗り

〜準備するもの〜

・アクリル絵具

・筆

・パレット

・モール

・目打ち/錐/ハサミ

・針と糸

・瞬間接着剤

・スーパーボール(ドラえもんの鼻になるよう半球状にカットして使用します。布やフェルト、紙粘土で作って代用してもいいと思います)

1.アクリル絵の具で水色をつくり頭に塗っていきます。

2.ひげの生え際に目打ちで穴を開け、黒色モールを2cmくらい刺して内側に折り曲げ固定します。

購入した100円ショップのカラーモールの中には黒色がなかった為、アクリル絵具の黒色で予め塗って乾燥させておいたものを使用しています。

3.次に鼻です。指を切らないように注意しながらスーパーボールをカッターで半分にします。

4. 針に糸を通したら、鼻の位置のヘルメット内側から差し込み、上図のように半球状のスーパーボールを十字に縫い付けます。

5. 糸が抜けてしまわないように玉結びを何個も作り、瞬間接着剤で縫い糸全体を固めます。

鼻を縫い付けたので取れないとは思いますが、念のため瞬間接着剤でスーパーボールとヘルメットの隙間を埋めておきます。

※ 今回、鼻のパーツとして家に転がっていたスーパーボールを使用しましたが、半球状のものであればなんでも良いです。準備物品にも書きましたが、布やフェルト、紙粘土で作ったものを使用しても構いません。

4. いよいよドラえもんになるよう色を塗っていきます。

アクリル絵の具の白で顔を、青と白を混ぜ水色を作り頭部に塗ります。

目は後程画用紙で作るので塗らなくても良いです。

キャラクターは目が命!

最後に目をつけてヘルメットに命を吹き込みます!

目はとても重要です。サイズが違うだけでも表情がガラリと変わってしまいますから、最新の注意を払いましょう。

大きさ、幅、黒目の位置などバランスを見ながら画用紙で作っていきます。

白と黒の画用紙を楕円切り取り貼り合わせています。油性マジックで白目を縁取り完成です。

ヘルメットに貼り付ける際は、マスキングテープで仮留めしながら位置を決め、木工用ボンドで接着します。

完成です!お疲れさまでした!

いくつか試作品を作りながら、ようやく納得のいく目を貼り付けることができましたー。

どこから見てもドラえもんです! 次男も大喜びでドラえもんに変身してくれました!

★おまけ★   お兄ちゃんの分はのび太を作りました!

いかがでしたか?

制作工程はいくつかあり完成まで数日かかりますが、難しいことはしていないのでやる気と根気があれば作れますよ⭐︎

新聞紙を貼り付ける作業は子どもでも出来るので、一緒につくるのも楽しいですし、子どもの学習にもなります。

ヘルメットが完成したら子供は喜んでキャラクターに成りきるので、作り甲斐がありますよ(^o^)

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!